コンテンツ

株式会社ラムロック » 設置事例 » 防犯・監視 » 神奈川県S市小学校16校 危険や不審者から子供達を守る!

防犯・監視:神奈川県S市小学校16校 危険や不審者から子供達を守る!

神奈川県S市小学校16校 危険や不審者から子供達を守る!
真っ先に取り組んだのは地域を常に考える市職員

小学生など子どもが狙われる殺傷事件が学校内で発生するケースが増えているため、学校でも何らかの対応が求めらました。
1、不審者を早期発見すること。
2、不審者が侵入したことを「多くの先生や生徒が把握すること」

従来の動体検知システムや、センサーでは「ちょっとしたことで、すぐ反応」してしまうことが問題点。通報の重要性(価値)が薄れてしまうのと同時に、「先生方が面倒に感じてくる」ことになり、いつしか「警報スイッチは切ったまま」となってしまう。ドーベルマンは、検出時間による調整や、除外範囲指定を使って、「子どもには反応しない、大人の侵入にのみ反応」させることができ、スケジュール機能を使って、およそ学校の時間割にそった形で「登校時間は録画だけ」「授業時間は通報機能を開始」と必要なときにのみ通報することができることが分かった。

職員室への音声通報だけでなく、各先生のパソコンや携帯電話で、現場のライブ映像を見ることができ、侵入者の現在の居場所や、行動の様子を確認することが魅力だった。つまり、監視し続ける必要がなく、業務に支障をきたす心配もない。校門から職員室まで500m離れている学校もあり、侵入者の存在が分かれば、校内放送などによる避難誘導や、武具を準備して備えたり、警察に通報するなど、早期で準備することができると感じました。もちろん侵入者に向けて警告音声を鳴らすのも予防手段の一つ。

導入によるメリット
・必要な時間だけ警報設定する事が出来た。24時間の警報は逆に迷惑。
・各教員のパソコン、携帯電話で現場のライブ映像を見ることができるので、「職員室まで確認に行く必要がないので教室を開けなくてすむ」と先生方からの声があった。
・侵入者の現在位置を確認できるので万が一の場合でも冷静に対応できる。

携帯電話で現場のライブ画像の確認が可能 優れた防犯システムをお探しの方へおすすめします

神奈川県S市小学校16校 危険や不審者から子供達を守る!の詳細

»防犯・監視一覧

ラムロックへのお問い合わせ メールでのお問い合わせ