コンテンツ

株式会社ラムロック » 新着情報 » 2016.10.11 在宅介護向け「みまもりCUBE」の提供を開始

新着情報:2016.10.11 在宅介護向け「みまもりCUBE」の提供を開始

10月11日、認知症老人徘徊感知機器「ラムロックアイズ」の後継機種となる新製品「みまもりCUBE」の販売を株式会社NTTドコモ関西支社とともにプレスリリースしました。

「みまもりCUBE」(みまもりキューブ)は、ラムロックのオリジナルな「画像認識技術」と株式会社NTTドコモが提供する通信ネットワークサービスを利用した新製品です。

発売は、2017年2月より提供する予定です。

あらかじめ設定した内容に沿って「危険な状態(例えば、徘徊や転倒など)」を自動で識別し、画像付きメールをご家族の携帯端末へ送信、さらにカメラのリアルタイム映像を確認することにより、詳細な情報による緊急時の判断および近所の協力者様に対し正確な情報を容易にお知らせできるようになります。

在宅介護分野に「みまもりCUBE」を使用することで、今まで発見、緊急性の判断が困難であった「徘徊や転倒」などを早期に検知し、遠方にいてもリアルタイムで確認することが可能になります。


NTTドコモ関西支社の発表内容については下記HPをご覧ください。

https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/161011_00.html

ラムロックへのお問い合わせ メールでのお問い合わせ