コンテンツ
<土木工事、建設施工の技術提案・創意工夫に有効な現場安全管理システム>
技術提案書に記載する事で、総合評価で加点を獲得し入札に進められる可能性が高まります。
現場安全管理システムは、高い評価を受けており「福岡新技術・新工法ライブラリー」にも掲載されております。
施工計画書作成時に安全管理システムを盛り込むことで、他社との差別化が図ると同時に、評価方式入札にもプラス要素としてアピールが出来ます。
安全管理システムとは危険区域指定や事故防止対策夜間現場の異常を検出
1システム最大4台のカメラ接続主な機能紹介導入のメリット

主な機能紹介

侵入、事故、 災害を監視し、現場監督をサポート!

現場内への人の侵入を検出

現場内への人の侵入を検出
現場内への立ち入りを警告したり、指定のアドレスに画像つきメールを通知することで第三者の事故を早期発見することが出来ます。

 
現場の危険箇所への立ち入りを検出

現場の危険箇所への立ち入りを検出
現場内の危険箇所に近づいている人がいるときは警告したり、指定のアドレスに画像つきメールを通知することが出来ます。

 
車両の出入りを検出

車両の出入りを検出
現場内から車両が出る場合は、歩道側に通知音を再生し、歩道側から車両が侵入する場合は、現場内へ通知音を再生する事が出来ます。

重機の周囲に近づく人を検出

重機の周囲に近づく人を検出
重機を使用しての作業時には、予め指定しておいた重機の移動範囲に人が侵入すると、警告や指定のアドレスに画像つきメールを通知することが出来ます。

 
夜間現場の侵入事故を検出

夜間現場の侵入事故を検出
夜間や休日に無人の現場で起きた事故や異常を検出し、警告音や指定のアドレスに画像つきメールを通知します。

 
悪天候時の現場の異常を検出

悪天候時の現場の異常を検出
現場でのアクシデントや災害を検出し、音声通知や指定のアドレスに画像つきメールを通知することで、最小限の被害に抑える事が出来ます。

その他主な機能

画像認識機能

動いている物体を、人なのか?それとも小動物なのか?を判別し、物体の大きさによって検出設定できます。
また、草木の揺れ、車のライトには反応しないような設定も可能です。

スケジュール通知

「曜日」や「0時~23時までの1時間単位」で、検出画像付きメールや、音声通知をスケジュール設定することができる機能です。
日中は音声のみ、夜間はメール通知などに設定が出来ます。

インテリジェント録画

録画に必要な領域がいっぱいになると、古い録画を消去して上書きします。
検出情報が含まれる重要な記録は、より長く保存するように工夫しています。

24時間フルタイム録画

独自の画像圧縮技術RLV3(Vt11)により、100GBのハードディスクにおおよそ70日分のデータを記録することが出来ます。

スキップ再生録画

一日分の記録するのにどれだけの時間が必要でしょうか?
4倍速で6時間、16倍速で再生しても90分・・・。
現場安全管理システムでは検出箇所を簡単に頭出し出来るので、一日の確認時間は10分程度です。

ズーム(パン&チルド)カメラ対応

現場安全管理システムは、ズーム(パン&チルド)カメラ対応です。
気になるポイントに首振り、ズーム等の遠隔操作が可能です。
現場に行かなくても、現場の状況を細かく確認することが可能です。
パナソニックネットワークカメラBB-SC384(写真左)

他にもこういった現場・用途に使われています

工事現場の事故を早期発見、深夜の工事現場を監視、技術提案・創意工夫の評価点アップ

ラムロックへのお問い合わせ メールでのお問い合わせ