コンテンツ
<土木工事、建設施工の技術提案・創意工夫に有効な現場安全管理システム>
技術提案書に記載する事で、総合評価で加点を獲得し入札に進められる可能性が高まります。
現場安全管理システムは、高い評価を受けており「福岡新技術・新工法ライブラリー」にも掲載されております。
施工計画書作成時に安全管理システムを盛り込むことで、他社との差別化が図ると同時に、評価方式入札にもプラス要素としてアピールが出来ます。
安全管理システムとは危険区域指定や事故防止対策夜間現場の異常を検出
1システム最大4台のカメラ接続主な機能紹介導入のメリット

導入のメリット

現場安全管理システム導入のメリット

1.現場の把握

リアルタイムで進捗確認
施行現場状況を24時間リアルタイムで映像で確認できるため、現場に足を運ばずに確認できます。本社(支店)に居ながら現場の工程の支持がスムーズにでき、効率UP・経費削減が可能です。

下請業者の手抜き防止
常に現場状況を確認しているため、下請け業者の手抜き防止になり、責任感も向上します。

お客様からの信頼の向上
お客様との連絡・相談・商談ツールとして活用。直接映像を見て頂いて具体的に話をすることでお客様に信頼して頂けます。

2.安全対策(屋管現場の異常も安心)

画像認識システム
監視カメラ画像を24時間フルタイムで現場管理ができ、災害時の異常や、一般の事故等を、いちや早く発見。検出画像をメールにて通知しますので早期に発見でき、最小限の被害に抑えられます。

警報機設置で未然に防ぐ
高性能画像認識システムにより、警報機作動で侵入者の窃盗などを未然に防ぐことが可能です。

録画管理
最大4台のカメラを同時接続し、独自の画像圧縮技術により100GBのハードディスクにおおよそ70日分のデータを収録可能です。

一日分の確認に必要な時間は?
現場安全管理システムは、検出箇所をスキップ再生で頭出し出来るので、確認作業は10分もあれば十分です。

3.コスト削減

移動時間の削減
現場に足を運ぶ事が少なくなり、燃料費や経費の削減に貢献。
距離のある現場も今までのような苦労はもうありません。すべての現場が一日で把握できる画期的なシステムです。

仕事の効率化
映像を見て状況を把握する事により、確実な対応をリアルタイムで指示できることで、一日の仕事量がUPします。

品質の向上
不良箇所の指摘がリアルタイムででき、信頼・品質のUPにつながる。現場監督の仕事量が減り、現場全体の把握ができるため、ミスの削減につながる。

他にもこういった現場・用途に使われています

工事現場の事故を早期発見、深夜の工事現場を監視、技術提案・創意工夫の評価点アップ

ラムロックへのお問い合わせ メールでのお問い合わせ